メタボは酵素ドリンクや食事制限で改善できる│ヘルスボディへの道

女性

不足するとどうなるか

酵素が不足することによって身体に現れる変化としては、カロリーを制限しているにもかかわらず痩せることができない、若いのにしわやたるみが目立つようになった、最近疲れが抜けにくくなったなどという事が起こってきます。その他にもお酒が翌日も残ってしまうようになった、血液がドロドロになってしまったなどという症状も出てきます。これらの症状は加齢によって起こる酵素不足が要因になっている可能性があるのです。酵素不足から新陳代謝が落ちてしまうという事もありますし、口臭や体臭などが気になってしまう場合も酵素の不足が要因になっている可能性もあるのです。代謝機能が落ちてしまうと血液の流れが悪くなってしまうため、成人病にかかりやすくなってしまうと言われています。また、消化不良を起こす事によって胃腸の調子が悪くなることがありますが、消化不良は万病の元とも言われています。代謝酵素や消化酵素が不足することによって腸だけではなく、胃や小腸にまで炎症が起こってしまい結果として、アレルギーや、深刻な不治の病になってしまう可能性も考えられるのです。また、疲れが取れにくくなることによってやる気などがおらず、精神的に参ってしまうこともあります。そのため、 1日3食の規則正しい生活によって体内酵素をしっかりと生産して喫煙や飲酒は出来る限り控えて睡眠をしっかりと取る生活を心がけることが大切です。そして加齢などによって防ぐことのできない酵素の不足はサプリメントやドリンクなどによって補充するようにしましょう。